自律神経失調症のシッカリとした対策を練る|肩の荷を下ろしましょう

2人の女医

血便などのサインに気付く

医者

日本人は世界的に診ても発がん率が高い民族といわれています。日本人がかかるがんで多いのが大腸がんです。消化器官の一部の大腸は肛門の直前にあり、体外に最も近い内臓などといわれています。大腸がんには大腸の内側に突然腫瘍ができるものと、突然大腸に腫瘍が見つかるものがあります。ほとんどの場合は、大腸の内側の壁に腫瘍ができ、どんどん大きくなっていきます。小さい腫瘍は発見するのが難しく、少しサイズが大きくなってきて発見されます。しかし、大腸に突然出来るがんは成長速度が早く、いつの間にかできている場合が多いので危険です。どちらも早期発見することが大事です。悪性のものと良性のものがある腫瘍ですが、大腸は悪性の腫瘍が発生しやすい場所といわれているので、定期的な検査を受けましょう。胃がんから転移して大腸がんを患うケースも多いので、体中のがん検査をオススメします。がんは治らない病気のイメージを持たれていますが早期発見して治療すると、全く怖い病気では無いのです。大きくなり過ぎると命に関わるので治りづらくなります。がんにならないように定期検査を受けましょう。血便が出たら大腸がんを疑いましょう。血便以外にも、貧血を起こすようになった、お腹にしこりがあるなどの症状がみられるのも大腸がんのサインです。そういった症状や異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。専門の医者に診てもらい、しっかりと検査をして早期発見を心掛けましょう。